直腸便秘について

直腸便秘は分かりやすく言うと、便が大腸ではなく直腸付近で溜まって排便出来ない便秘を指しています。
弛緩性便秘などの便秘に関しては、直腸に溜まるのではなく、大腸で溜まってしまっている状態です。
直腸まで降りてきたにも関わらず、便が詰まってしまうことで直腸便秘になります。
この便秘は大腸に問題はありません。
問題があるのは基本的に直腸付近です。
直腸は大腸よりも腸管が太いので、便が溜まってしまいますと排泄にも苦労をしてしまいます。
太い便が直腸で水分を失ったと考えれば、排便するのがいかに大変なことなのかを理解することが出来るでしょう。
直腸便秘は慢性化しやすいのも特徴の一つになります。
便意をあまり感じない、排便する時に違和感を感じるなどの症状がある場合には、直腸便秘を疑っていきましょう。
直腸便秘を放置してしまうと、大腸がんが発症する可能性もあります。
便秘程度なら放置しても構わないと思っていると、後悔することになってしまいますので早めの対処が必要です。
直腸便秘になってしまう原因は様々です。
治療方法に関しても原因を究明してから行われます。
原因によって治療方法に違いがありますので先ずは自分がどうして直腸便秘になったのかを理解しなければいけないのです。
直腸便秘になってしまう原因は、習慣的に便意を我慢する、痔などの肛門付近の問題を抱えている、肛門を締めてしまう癖があるなどが挙げられるでしょう。
自分がこれら原因のどれに当てはまるか考えてください。

[Recommend Site]
こちらは便秘改善用に開発されたオリゴ糖食品です ⇒ 便秘 改善